臨済宗 瑞龍寺(ZEN TEMPLE ZUIRYUJI) お墓納骨堂のことなら神戸市兵庫区の臨済宗 瑞龍寺へ。
瑞龍寺が提供する永代納骨永代供養「安心院」は
安心して申し込める御堂です。

お電話でのご相談、お問い合わせはこちら:tel:0786811842 〒652-0872 神戸市兵庫区吉田町3丁目5-7

住職ブログ

【お施餓鬼法要】嚴修致しました【ご協力感謝致します】

瑞龍寺の年間行事で法要はいくつかありますが、このお施餓鬼(せがき)法要は、その中でも1番大きなスケールで毎年行っています。

 

僧侶は総勢11名、業者さんなどのスタッフも総勢30名と華やかな法要を行う為には、それなりの人手が必要です。

 

やはり、人の力というには、すごいもので1人より2人。2人より3人と。

普段の瑞龍寺では3名で法要を行いますが、この日に限っては11名もの僧侶と共に、お供養をしますので、自分自身が客観的に見ても「ありがたいなぁ」という雰囲気が流れているように感じます。

 

それを直接見れなかった(代理参拝)の方々や、まだ、お施餓鬼法要というものにまだ触れたことがない方に、やはり発信していきたいなぁと思いますね。(こちらの一方的な思いだけなのですが)

 

緊急事態宣言中ということもあって、やはり法要は昨年と同様に、

初盆の方々のみ、本堂へ入堂OK

それ以外の方々は、境内での参拝。に限らせていただきました。

 

皆さんの安全が最優先とは言え、心苦しいものです。

ご協力いただき本当にありがとうございます。ただただ、感謝です。

 

こちらも昨年同様ですが、翌日の地蔵盆は中止しました。

お施餓鬼の翌日は、「お子様へのお菓子のご接待」のような感覚で、お地蔵さんをしていたのですが、今の変異株は若年層に強い変異株ですから、こちらもやはり安全が最優先。

みなさん、本当にお気をつけください。

 

今回、お供養させていただきましたお塔婆は、瑞龍寺本堂にてお預かりしています。

お引き取りにお越しの方は、申し訳ないのですが、お電話1本お願い致します。

(もしも本堂で、法要中でしたら、ご当家に迷惑になりますので)

 

ご迷惑をおかけするばかりですが、何卒よろしくお願い申し上げます。

初盆特別せがきの法要の様子を記載しています

 

9月は秋のお彼岸です。

緊急事態宣言が延長されることを見越し、9月23日のお彼岸法要も、本堂の入堂をお焼香のみに制限させていただくことになっています。

 

12時~、安心院納骨堂をご契約の方々が対象

14時~、瑞龍寺檀信徒の方々が対象

 

となっております。

各法要時間は約30分となっております。

瑞龍寺へお越しの際は、法要時間内にお越しいただけたら大丈夫なので、ぜひ、分散でのご参拝のご協力を宜しくお願い致します。

 

合掌

 

 

 

 

 

 

【お盆・初盆合同法要】嚴修致しました【代理参拝供養】

8月に入り、コロナ感染者が全国的に急増しました。

兵庫県も8月2日から「まん延防止等重点措置法」が発令されてしまい。

昨年に引き続き、本年の棚経(お盆参り)も代理参拝のご依頼を多数いただきました。

今年はワクチンを接種されている方も増えたからご自宅のお参りが増えるかな。と淡い期待をしていましたが、それは叶いませんでした。

 

とはいえ、下を向いてもいられませんので、本年もご自宅でのお参りをご希望の方のみ、きっちりとお勤めをし、各ご家庭の仏さまのご供養をさせていただきました。

コロナに加えて、暑い日も雨の日も台風も、いろいろとありましたが、無事に何事もなく棚経を終われてホッとしています。

 

8月15日には、題名の通りですが、

12時と14時からは「お盆合同法要」を

16時からは「初盆合同法要」を執り行い、参拝の方々にはお焼香をしてもらい、代理参拝のお家にはご当家に代わって、ご回向をさせていただきました。

 

8月20日からは、緊急事態宣言も発出されるというニュースもあり、なんとも言えない気持ちですが、それでも私たちは私たちの「いま出来ることを精一杯やる。」その一心です。

それが、きっと明るい未来につながっていくと信じております。

 

コロナの影響でお寺離れが進んでいくとか、そういうことも一部僧侶間で話題になったりとしますが、この住職blogもそうですが、自分たちはたとえコロナが、まん延してようと精一杯こういうことをやっているんですよ。ということを皆さんにお知らせしていく必要があります。

 

ご自宅に棚経も伺いますよ、ご当家に代わって代理参拝もしますよ。

ご報告もちゃんとさせていただきますよ。

 

そういう真摯な姿勢をしっかりとお見せする、やるべきことをきちっとする。

それがお檀家様との揺ぎの無い、信用・信頼を生み出すものだと思います。

 

当たり前のことと言われましたら、当たり前のことです。

しかし、その当たり前を継続して行っていくということが大切です。

 

初心忘れるべからず。

 

手探りの毎日だからこそ、原点をいま一度見つめ直すことの大事さを日々噛みしめております。

 

 

さて、前置きが長くなりましたが法要の様子を貼り付けています。

 

各法要開始時間にたくさんのご参拝の方々がいらっしゃいました。

こちらのご案内が悪く、困惑をさせてしまい申し訳ございません。

 

今後は、法要時間内の分散されてのご参拝の案内等を推進させていただく等の反省点がたくさんありました。

どうしても開始時間に人が集まってしまう傾向にありますので、そのあたり、密にならないよう、次回のお施餓鬼法要は工夫していきます。

 

 

お施餓鬼法要は8月22日(日)緊急事態宣言下のもと、嚴修致します。

 

各参拝時間は

初盆特別せがき…10時30分より ※本堂入堂可。

大せがき…11時15分 ※本堂入堂不可。境内にてお焼香・水向けとなります。

中せがき…11時45分 ※本堂入堂不可。境内にてお焼香・水向けとなります。

小せがき…12時15分 ※本堂入堂不可。境内にてお焼香・水向けとなります。

 

初盆の方以外には、密を避ける為にお塔婆はお渡しできませんので、ご面倒ですが、後日、再度お寺へおこしください。

 

当日は、誘導員の指示に従って、ご参拝ください。

 

ご不便ご迷惑をお掛けしますが、皆さんの安全が最優先です。

ご協力を宜しくお願い致します。

 

合掌

 

納骨大法要を嚴修致しました

5月5日は子供の日ですね。

今年は残念ながら、「三度目の緊急事態宣言」「大雨」と重なりまして、子供たちにとっては大変つまらない子供の日となられたのではないでしょうか。

 

昨年はお寺も、せめてものお供えもので、柏餅などをお供えして華やかにしていたのですが、先日、私自身がこれまた大雨の日に墓地で足を滑らせてしまい、右手首を骨折したもので、手術等でバタバタしてしまい、今年はひっそりと行う寂しい形となってしまいました。

 

この社会情勢ですから、ひっそりと行うぐらいがちょうど良いのかもしれませんけれどもね。

 

「納骨大法要」という名で、この大法要は行っていますが、この大法要は「瑞龍寺にお骨を納めている方々を対象とした総供養祭」です。

 

墓地の方も、納骨堂の方も、観音様の胎内納骨の方々も、この瑞龍寺で今後も安らかにお過ごしいただけますように、とそんな法要でございます。

 

今年は、この社会情勢や悪天候も手伝って、ご参拝の方はいらっしゃいませんでしたが、私たちに今やれることを精一杯やりました。

瑞龍寺にお骨を納めていらっしゃるご家族の方々は、どうぞご安心ください。

 

私たちは、いついつまでも皆さまの大切な仏さまを未来永劫に渡って、お守り致します。

 

感染者の数がなかなか減少致しません。

私が改めて申しあげるのも可笑しな話ですが、くれぐれもコロナウイルスには、ご注意くださいね。

 

 

 

【春のお彼岸】代理参拝、嚴修致しました

ご報告が遅くなりましたが、春のお彼岸法要をお勤め致しました。

 

今回の法要も、瑞龍寺の僧侶のみが感染症対策のもと行い、一般の参拝者の方々はお焼香のみとなりました。

ちょうど昨年の春のお彼岸法要から、コロナ対策として「無参拝形式の法要(代参供養)」を取り入れました。

こちらの考えも甘かったですが、コロナ発足当初の見通しよりも、事態はずっと深刻なものとなりましたね。

 

お檀家の皆様、安心院納骨堂の会員の皆様には大変に心苦しい思いをさせてしまい本当に申し訳ない気持ちです。

日常のお勤めは瑞龍寺で行っていますので、皆様のご先祖様、仏さまへの供養は決して欠かしておりません。合同法要は今は開催できませんが、ご安心していただけたらと思います。

 

代理参拝をお申込みの方々のご供養は3月末日までお受付させていただきました。

たとえお彼岸明けでも、期間内にとらわれることなく、「3月は彼岸月」という意味で幅広くお受付させていただいております。

皆様の仏さまのお役に立てましたら幸いです。

 

ご不便お掛け致します、今後ともよろしくお願い致します。

 

合掌

 

 

【年納め・すす払い法要】【年頭・大般若祈祷】代理参拝、嚴修致しました。

旧年中は大変お世話になりました。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

年末から現在にかけて、新型コロナウイルス感染者が増加したりと、不安な年末年始となりました。

今年も、緊張感のある日々を過ごさないといけませんね。

みなさま、どうぞお気をつけ下さい。

 

さて、瑞龍寺では

年末の12月30日に「年納め・すす払い法要」を

年始の1月3日に「年頭・大般若祈禱」を行っております。

 

すす払い法要は、お心をきれいに清め、新年を迎えていただきたいという思いから、その名をつけております。

 

毎年、12月になりますと「お仏壇に年末の回向をお願い致します」とご依頼のお電話を頻繁にいただきます。これも、1つのすす払いだと思います。新年を迎える前に、墓参りであったり、先祖供養をしておきたい。ということですよね。

 

そして、年明け後1月3日には、大般若祈祷を執り行います。

こちらは、今年1年の幸せ祈願。無病息災や家内安全等を祈願し、僧侶が大きな声を張り上げ大般若経というお経を転読します。

その際に、「般若札」というお札をお守りを清め、1年間、各ご家族の飾っていただきます。

 

今回の両法要は、このようなご時世ということで、「新型コロナウイルスの早期終息」も祈願し法要を行わせていただきました。

 

※2021年より「大般若祈祷」は、「完全お申込み制(予約制)」と変更させていただき、従来の般若札は、お申込みのご家族のみにお渡ししております。(お申込みは1月末日まで行っております、1家族様5000円をお納めください)

 

 

古来より、疫病が流行した際は、神仏にすがる時代が多々ありました。

 

それは、今回も同様かもしれません。

全日本仏教会の方々も、2020年5月に奈良・東大寺において同様の法要を若干名で執り行われています。

 

いま、自分たちができることをやる。

それで良いと私は思います。

 

2021年も、自分たちができることを精一杯やるだけです。

春のお彼岸も恐らく代理参拝になるのではないかなと予想はつきます。

 

しかし、形が違えど、精一杯やることには変わりありません。

 

長々となってしまいました。

改めまして、本年もどうぞよろしくお願い致します。

皆様にとって、良い1年となりますよう、心から祈念致します。

 

合掌

 

2020年12月30日 年納め・すす払い法要

 

2021年1月3日 年頭・大般若祈禱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【秋のお彼岸】代理参拝、嚴修致しました

瑞龍寺では、毎年、春秋のお彼岸の中日(春分の日、秋分の日)にお彼岸法要を行います。

秋のお彼岸というと、少し存在感が薄いイメージがあるかもしれません。

加えて、夏のお盆から1か月ちょっと。というのもあるかもしれません。

 

お彼岸のいわれについてですが、

この世のことを「此岸」(しがん)。仏様が住まれている世界を「彼岸」と言います。

お彼岸というのは、彼方(かなた)の岸と書きます。向こうの岸ということですので、我々、兵庫県民からすると、「本州」と「淡路島」のようなもので例えやすいですね。

 

仏教で、彼岸というのは、向こう岸に渡るということ。

つまり、お彼岸の1週間というのは、煩悩や迷いなどで苦しみがあるこの世(此岸)から、悟りの開けた世界(彼岸)へ至ること。を指します。

その境地へ達するために行う修行期間の1つであります。

 

こういった話を書きだすと、読むのがしんどくなるかもしれませんので、本日嚴修致しました「秋のお彼岸法要」に話しを戻しますね。

 

新型コロナウイルスの第二派がやってきて、それも少し落ち着いてきたかなという時ですが、

やはり、念には念を入れようということで、今回も法要は瑞龍寺の僧侶のみで行いまして、本堂への入堂はお焼香のみに制限させていただきました。

 

納骨堂の方々、お檀家の方々には、本当にご不便をおかけしております。

しかし、何かあってからじゃ手遅れということも世の中にはあります。

みなさまの健康・安心・安全を最優先に考えました。

 

これで良かったんだと自分に言い聞かせるばかりです。

 

代理参拝の方も、滞りなく終えることができました。

毎度毎度少しばかりですが、写真にてその様子をちょっとでも伝えれたらと思い、写真をアップしています。

 

寒暖差が出てきました。季節の変わり目は体調を崩される方が毎年、本当に多いです。

くれぐれも御身体ご自愛くださいますよう、お願いを申し上げます。

 

合掌

 

 

 

年内最後の法要、「年忘れ・すす払い法要」も好評受付中です。

 

個別法要…12月27日(日)~29日(火)の三日間

 

合同法要…12月30日(水)午後1時より

※今回の法要も参拝はお焼香のみに制限させていただきます。

代理参拝も受け付けておりますので、下記のいずれかの連絡先からお申込みください。

 

TEL 078-681-1842

FAX 078-681-2022

Email zen_zuiryuji@amail.plala.or.jp

 

 

 

 

 

【おせがき法要】嚴修いたしました【ご協力ありがとうごさいました】

立秋とは名ばかりなもので残暑厳しい毎日が続きますね。

みなさまお元気に過ごされていますでしょうか。

 

さて、また遅くなってしまいましたが、おせがき法要が無事に終わりましたのでご報告をさせていただきます。

 

まずは、たくさんの方々に、ご不便をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

そして、ご理解ご協力を賜り、誠にありがとうございました。

 

新型コロナウイルスの関係上、どうしても通常開催が困難でありました。

なので、今回は、本堂はご出仕のお尚様方のみに制限させていただき、初盆特別せがきの方以外の

お檀家の皆様は駐車場にて待機、お焼香・水向けのみ境内にて。という形でやらせてもらいました。

 

また、お塔婆も当日お渡しできず、後日、たくさんの方々が再度お寺に足を運んでもらう形となり、お寺としましても本当に胸が苦しい思いでした。

 

形式は変わってしまいましたが、お陰様で、皆様の大切な仏様は、ご出仕の和尚様方と共にお供養をさせていただき、無事に終了いたしました。

 

代理参拝もだいぶ皆様にご理解をいただいておりますが、いつまでもこれで良いわけではありません。

 

9月22日(火・祝)は秋のお彼岸の中日です。

こちらもまたコロナウイルス感染防止の対策をした法要となるでしょう。

本当に心苦しい日が続きます。

 

いち早いコロナウイルスの収束を切に願います。

みなさまもくれぐれも御身体をご自愛くださいませ。

 

合掌

 

 

【お盆・初盆合同法要】代理参拝、嚴修致しました。

連日、猛暑日が続きますね。毎年毎年「暑いですね」とお盆のお参りの際に、ご挨拶のように申していますが、今年はさらに暑く感じます。これも毎年思いますね。

本年は、マスク着用でのお参りでしたので、息苦しさも加わりましたが、なんとか各ご家族の仏様のご供養が出来ました。お参りをお申込みの方々には、様々な対策を自主的に取り組んでいただき本当に感謝です。お互いの協力で、無事にお盆参りが出来ました。

 

さて、お寺では8月15日の12時~、14時~はお盆合同法要を

16時~は初盆合同法要を行っており、本年はコロナのこともあり、イスの用意が出来ず、参拝の方は、またまたお焼香のみに制限させていただきました。ご不便おかけしました。

 

代理参拝も受付まして、たくさんの方からお申込みをいただきました。コロナのことがある、でも、大事な仏様を無碍には出来ない。そういったご意見を多々いただきました。

なんとかお寺としましても、試行錯誤の中、皆様と寄り添える形がとれて本当に良かったです。

 

 

明日、8月22日は、お寺で一番大きな法要、「お施餓鬼(せがき)法要」があります。

お盆が終わって間もなくなかなか、こちらのblogが更新できませんでしたが、こちらも全力でお勤めし、みなさまの仏様をお供養致します。

 

またこちらで、ご報告させていただきます。

コロナに負けず、頑張りましょうね。

【8月15日】お盆・初盆合同法要について【新型コロナウイルス】

各地での豪雨のニュースが盛んになっております。

被害に遭われた方々、心よりお見舞い申し上げます。また、これ以上、被害が拡大されませんよう、お祈り申し上げます。

 

さて、久しぶりの更新となりますが、本日はお盆についてのご案内をさせていただきます。

瑞龍寺では、毎年8月15日の12時・14時~お盆合同法要を

同日、16時~初盆合同法要を開催して参りました。

 

が、このようななご時世でございますので、やはり、今まで通り共にお供養をするというのは、現実的には難しく…、如何にして、「密」を避けるか。

そのような思考から物事を考えていかねばなりません。

 

お盆は皆様方の大切な仏様がお戻りになる大事な時期です。

形式は少し変わってしまうかもしれませんが、対策の上、お勤めをさせていただけたらと思います。

 

以下、お盆・初盆合同法要についてのご案内です。

 

【お盆合同法要】

日時…8月15日(土)12時~、14時~ ←ご都合が良いお時間にご参拝ください

会場…瑞龍寺本堂

お布施…お気持ちだけお包みください

 

※本堂参拝は、お焼香のみに制限させていただきます。お焼香後は、手指をアルコール消毒し、速やかにご退堂ください。(イスはございません)

 

※安心院納骨堂のお参りは、ご自由にしていただけます。

 

【初盆合同法要】

日時…8月15日(土)16時~

会場…瑞龍寺本堂

お布施…20000円 ※白木の位牌をお持ちの方はご持参ください。

 

※本堂参拝は、お焼香のみに制限させていただきます。お焼香後は、手指をアルコール消毒し、速やかにご退堂ください。(イスはございません)

白木の位牌等、新仏さまに関する不要な仏具がありましたらお預かり致します。(2020年の神戸市における精霊送りは中止が発表されました。)

 

※安心院納骨堂のお参りは、ご自由にしていただけます。

 

 

合掌

 

 

お申込みはこちらからどうぞ

※好評の代理参拝も行っております。(写真は参考図)是非ご利用ください。

 

TEL:078-681-1842

FAX:078-681-2022

Email:zen_zuiryuji@amail.plala.or.jp

 

 

 

 

 

 

 

納骨大法要をお勤め致しました【代理参拝】

先のblogでご紹介させていただきました通り、瑞龍寺では、毎年5月5日の午後1時より、「納骨大法要」をお勤めしております。

 

この法要は、瑞龍寺にお骨を納めていらっしゃる全ての方々を対象にお勤めを致します。

主に対象は、安心院納骨堂・安心院観音永代供養納骨者・境内墓地になります。

 

本来は、そういった方々とご一緒に法要をお勤めし、先立たれた方々へのお供養をするのですが、

このようなご時世でありますので、「密」を避ける為に、参拝はお焼香のみに限らせていただき、瑞龍寺の僧侶だけでお勤めを致しました。

 

ガラ~っとした雰囲気は、修行道場での日々の法要を思い出します。(笑)

なんとも寂しい限りですが、自粛をしていただいている皆様に、ご安心していただけるよう、いま、我々に出来ることを最大限させていただきました。

 

 

同じ神戸市兵庫区に、「田頭製菓」という和菓子屋さんがあります。

ここ数年、8月22日のおせがき法要や新年1月3日に行う年頭祈祷法要などの際に「安心院饅頭」を引き出物として皆様にお渡ししております、そのお饅頭は田頭さんに依頼して作っていただいております。

 

その田頭製菓さんに午前中に出向き、子供の日ということですので、「かしわ餅」と「ちまき」を購入し、本堂にお供えして法要を致しました。

 

大人の仏様のみならず、子供の仏様もいらっしゃいますのでね。

美味しいお菓子をおなかいっぱい食べてもらいたいものです。

 

 

政府は、緊急事態宣言を延長されました。

みなさま、もうひと踏ん張り、頑張りましょう。

 

その間、ご法事など該当される方々は、是非、「代理参拝」をお申込みください。

本日の法要のように、ご当家にお代わり致しまして、法要を謹んで嚴修致します。

 

合掌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お電話でのご相談、お問い合わせはこちら
お気軽にお電話してください

Tel:078-681-1842

神戸市兵庫区の臨済宗 南禅寺派 瑞龍寺 【電話受付時間】10:00〜15:00(毎週木曜・定休)