臨済宗 瑞龍寺(ZEN TEMPLE ZUIRYUJI) お墓納骨堂のことなら神戸市兵庫区の臨済宗 瑞龍寺へ。
瑞龍寺が提供する永代納骨永代供養「安心院」は
安心して申し込める御堂です。

お電話でのご相談、お問い合わせはこちら:tel:0786811842 〒652-0872 神戸市兵庫区吉田町3丁目5-7

住職ブログ

【2023年、年納め・すす払い法要】【2024年、年頭・大般若祈祷】を嚴修致しました。

旧年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。

本年も宜しくお願い致します。

 

このブログを書く前に、まずは元旦に発生しました能登半島地震に被災された方々へ心からのお見舞いを申し上げます。

大変な1日から本年はスタートしてしまいました。

今現在も死者が日に日に増加しているということをニュースなどで目にすると本当に心が痛みます。

私たちに何ができるのか、仏教会などでも議題に挙げていけたらなと思います。

1日でも早く、通常の生活が出来ますよう、心よりお祈り申し上げます。

 

さて、話を当寺院の両法要に移しますと

昨年12月30日に年納め・すす払い法要を

本年1月3日に年頭・大般若祈祷法要を行いました。

 

私たち臨済宗の僧侶は、修行中にこのような節目には「渡り諷経(ふぎん)」といいまして

それぞれの節目を繋ぐ架け橋のような法要を行います。

 

年の瀬は皆様お忙しいので参拝者こそ少ないのですが、良いお気持ちで新年を迎えれますよう、しっかりとお勤めさせていただきました。

 

また、新年には般若札という幸せを祈願したお札を清め、お勤め致します。

毎年毎年の縁起物になれば良いなと願うばかりです。

 

ただ、願ってばかりではいけません。

願いは心の中に秘めつつ、日々の生活にしっかりと努めなければ本当の幸せはやって参りません。

それを修行という表現に私たちはしますが、自分自身が自分自身の幸せを掴みにいくことが大切だと思います。

与えられるものばかりでは、真の幸福ではないのではないでしょうか。

 

己をしっかりと律し、また、よいお心で本年をお過ごしいただけたらと思います。

私もそのようにしたいと思います。

 

般若札はお申込みいただきました全家庭に発送させていただきましたが、少しだけお札が残ってございます。

祈祷供養をご希望の方は、費用が発生しますが1月末まで行っておりますので、お気軽にご連絡をお願い致します。

 

改めまして、本年も宜しくお願い致します。

 

合掌

 

 

 

 

【お施餓鬼法要】嚴修致しました

更新が滞ってしまい、申し訳ございません。

お盆の発送作業、お盆期間、お施餓鬼準備、お施餓鬼法要、お彼岸発送作業ときて、走り続けていく中で、更新作業をすっかり失念しておりました。

 

気が付けば、もう間もなく秋のお彼岸入りじゃないかと、慌ててパソコンを叩いております。

 

今現在もですが、今年の夏は日差しがきついですね。

今年の8月22日も暑かったですから、熱中症の人が出ないか心配になります。

幸いに体調不良の人は現れず、法要は全て無事に終了しました。

 

本年からは、新しく福井県の若いお寺さんがお盆参りとお施餓鬼法要をお手伝いに来てくださり、総勢10名と、さらに賑やかになりました。

 

今は何をするのも人員縮小傾向ですが、やはり人がいないと寂しさがあります。

いつもの司会を務めてくださる和尚様が法要前にジョークでこう言いました。

「これだけたくさんの和尚様をお葬式に呼んだら、お布施がえらいことになりまっせ!」

 

確かに一理あるなと、私も笑ってしまいましたが、「それだけありがたいことなんだよ」ということを、その和尚様は、多分伝えたかったのでしょうね。

 

自分たちで自分たちの事をありがたいお経というのは、とてもとても言えませんが

よその和尚様から見たら、これだけたくさんの和尚様方の読経ですから、ありがたいなぁという雰囲気が純粋に出ていたのかも知れませんね。

 

そう言われることもありがたい話ですが、私たちはさておいて、お檀家や納骨堂会員の方々に、本当の意味で心に響くありがたい法要を提供できたらなと思います。

 

猛暑の中、お見えいただいたお檀家様、納骨堂会員様、本当にありがとうございました。

 

 

秋彼岸のご案内についてです。

安心院納骨堂の彼岸法要案内は春にお伝えしました通り、この秋から、ご案内を停止させていただきます。

お寺の年間行事につきましては、ホームページ内に貼り付けておりますので、そちらをご覧ください。

【お盆・初盆合同法要】嚴修致しました

8月15日はこのあたりではお盆の最終日ですが、大変な1日となりました。

大型の台風が接近しているとのことで、15日のお盆参りは全て中止となり、その中には、初盆のお家もありましたので、非常に申し訳ない気持ちです。

 

天候のことは、私たちにはコントロール出来ません。

私たちには、私たちの出来ることをやるしかありません。

当日は、お盆参りを中止させていただいたお家の代理参拝を合同法要にて、させていただきました。

 

さて、当日の様子ですが、

12時の法要は参拝者なし

14時の法要は1世帯の参拝

16時の初盆合同法要は5~10世帯程度の参拝

となりました。

 

14日、15日とキャンセルや代理参拝の変更の電話がずっと鳴る中、我々も、今日は誰も来ないだろうなと、肩を落としていたので、みなさまの行動力に度肝を抜かれました。

 

みなさまの行動に勇気をいただき、素敵な法要となりました。

この場を借りて心から厚く御礼を申し上げます。

 

当日、代理参拝にご変更をされて方々には、法要の様子の写真をUPしますとお伝えしております。

いつもより多めに掲載しますので、是非見ていかれてください。

 

お盆合同法要

 

初盆合同法要

【納骨大法要】嚴修致しました

GWは少しお天気が不安定でしたね。

5月5日の納骨大法要の日も少し曇り空でした。

納骨大法要は、法要の名前からは分かりにくいのですが、「瑞龍寺に納めている納骨者対象総供養祭」のことです。

GW中のことなのですが、ご参列いただいている方も多数いらっしゃいます。

皆様方の大事なご家族さま、ご親族様が大多数でしょうから、幾年経とうと、こちらもその気持ちに応えたお勤めをするのみです。

 

そして、法要前には「彼岸法要の案内中止」のご連絡をアナウンスさせていただきました。

ご不便をお掛けしますが、どうぞご理解を宜しくお願い致します。

 

 

早いもので、もうまもなく初夏がやって参りますね。

季節の変わり目がまたやってまいります。

みなさま、体調など崩されませんように、ご健康にはくれぐれもご留意ください。

 

お檀家様には7月にはお盆案内を送らせていただきます。

お盆もどうぞよろしくお願い致します。

 

合掌

【重要】安心院納骨堂、彼岸案内を終了します

安心院納骨堂 ご契約者各位

 

謹啓

 

春和の候、平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、安心院納骨堂のご契約者様にこれまで「春のお彼岸法要」「秋のお彼岸法要」のご案内を往復ハガキにて年2回させていただいておりましたが、2023年春のお彼岸法要のご案内をもって、以後の法要案内を終了させていただきます。

理由としましては、ご契約者様本人の介護施設等への住所変更連絡無しのお引越、他界されたことによる承継者様への引き継ぎの共有不足等が挙げられ、約5年近く、当寺院が発送致しました、ご案内の往復ハガキが数多く当寺院に返送されるようになりました。

当寺院の年間行事は、当寺院ホームページ内「行事・催し物」のページに記載しております通り、日時は年間通して全て固定しております。(春のお彼岸は春分の日12時から、秋のお彼岸は秋分の日12時から。その他、お盆なども毎年同日・同時刻から開催します。)

大変恐れ入りますが、今後は、当寺院ホームページか安心院納骨堂ご参拝時に当寺院内各所に貼り付けてある法要案内をご覧ください。

皆さま方におかれましては、春爛漫のみぎり、健康には十分にご留意なされ、さらにご活躍されますことを祈念申し上げます。

 

合掌

 

瑞龍寺 安心院納骨堂

 

【春のお彼岸】嚴修致しました

瑞龍寺でのお彼岸法要は、春分の日と秋分の日、12時からと14時から行います。

最近は、コロナも落ち着きを見せ始めたこともありましたから、コロナ以前の法要スタイルに戻すことになりました。

五類に移行してからも同様になり、今後もマスク着用は自由となります。

 

少しずつ、参拝のお客様も回復傾向で、私たちとしましても励みになるといいますか、気持ちもより一層高まります。コロナ前のように皆様と一緒に、お供養に臨めたらなと思います。

 

とはいえ、マスク着脱をいきなりはなかなか難しいもので、ご参拝の皆さま、マスク着用率は100%でした。

 

さて、寒い冬が終わり、ようやく春らしいお天気がやって参りました。

今回の法要は、12時からの法要は私が不在だったため、法要の様子の写真は14時のものだけになります。

 

お彼岸であれ、お盆であれ、法要の内容というのは、毎年毎年変わるものではありません。

毎年毎年、基本的には同じ法要の形式・読経です。

 

しかしながら、これらを何回も何回も積み重ねていくということが大切です。

お誕生日も毎年毎年お祝いを重ね、年齢を重ね、円熟した人間へと成長を重ねます。

 

法要の内容が毎年同じでも、唱える人間、聞く人間は、見た目こそ同じですが、中身は同じではなく毎年成長を重ねている全く別物の人間です。

 

人間の心が成長すれば、感じるものも全く変わった角度で感じるものです。

 

私もこの2月に大切な親族を亡くしました。

深い悲しみと共に、それを乗り越える力強さ・さまざまな心の内を獲得したような気がします。

 

私自身もまだまだこれからの人間です。みなさまには、仏教を通じて、今後も共に人間として成長を重ねていけたらなと思います。

 

 

 

【2022年、年納め・すす払い法要】【2023年、年頭・大般若祈祷】を嚴修致しました。

旧年中は大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

2022年、12月30日には年納め・すす払い法要を

2023年、1月3日には年頭・大般若祈祷法要を行いました。

 

すす払い法要は、私がお葬式がありましたので、弟子2人に任せることになりましたが、しっかりとお勤めをさせていただきました。

 

年末年始で帰省をされている方、コロナ関係で外出を控えている方、いろいろいらっしゃるかと思います。そのような方々の為に、代理参拝がございますので、ご安心ください。

 

すす払い法要には、新年をお迎えするに先当たり、皆様と皆様の大事な仏様のご回向や先祖供養を致します。

 

昔から、12月になると、「年末の回向をお願いします」というお電話があったんですね。

やはり日本人というのは、年の瀬になると、いろんなものに対して、整理整頓をしたいという気持ちがあるのは令和になっても変わりません。

この良き文化は是非継承していきたいものですね。

 

お寺も、見習わないといけません。

 

 

新年を迎えたのちに、幸せの祈願祭「年頭・大般若祈祷法要」を行いました。

ご案内の通り、「新型コロナウイルスのいち早い終息」も祈願してお勤めを致しました。

 

今年1年、皆様に何事もなく幸せに過ごせますことを心からお祈り致します。

何気ない日常が実は1番幸せだったりします。

何もないのが1番です。

 

本日、午前中にお申込みをいただいた各ご家庭には、新年のお札こと「般若札」を発送させていただきました。

こちらは自宅の玄関関に立てて置いていただき、昨年以降の古いお札は、お寺の者に渡していただいたら結構です。

年中、お預かりしておりますので、なにかのついでで大丈夫です。

 

簡単ではございますが、法要のご報告をさせていただきました。

以下、法要の様子の写真を貼り付けています。

本年もよろしくお願いいたします。      合掌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【お盆・初盆】【お施餓鬼法要】嚴修致しました【感染症対策のご協力ありがとうございました】

僧侶にとって、怒涛の8月もまもなく終わりを迎えようとしています。

皆様の大切な仏さまの御霊は、ご自宅へ帰られ、そして再び、あの世へとお戻りになられたことでしょう。

「戻らずに、ずっと帰って来てくれてたままの方がいいのに」と、寂しそうにお話してくれた初盆の方もいました。

 

そのお気持ちを継続して持たれることが大切です。

供養も、生きている人がするものですから、感情に波があったり、若い仏様のうちはとても供養に精を出す方が多数ですが、数年のうちに、供養がパタッと止まってしまう方もいます。

「鉄は熱いうちに打て」、これももちろん大切なのですが、仏さまからすると、「熱いうち以外にも継続的に打ってもらいたいもの」だと思います。

 

それは、何も法要が全てではなく、日頃の手元供養やお墓参りなども含まれます。

お盆のみのお付き合いのお檀家さんもおられます。

でも、それでも良いのです。

一時的な熱量のお付き合いよりも、継続的なお付き合いの方が我々も嬉しいものです。

 

今後も、よいお付き合いを継続的にしていけたらな、とふと思う8月でした。

 

さて、話が変わりまして、お盆の案内を7月初旬に発送させていただいた直後、コロナ感染者が爆発的に増えてしまい、この夏のお盆参りも8月15日の初盆合同法要並びにお盆合同法要の「代理参拝」へと切り替えられた方が多数いらっしゃいました。

 

残念なことですが、命を落としかねない感染症です。

ご当家に代わり、我々がしっかりとお盆の供養をさせていただきました。

 

また、その翌週、22日にはお施餓鬼法要をご出仕のご寺院様8名と我々3名、総勢11名でご当家の仏さま並びにご先祖様の供養をさせていただきました。

 

今回、バタバタとしてしまい、お盆合同法要のお写真が撮影出来ませんでした…。

お施餓鬼法要のお写真を多めに貼り付けさせていただきますね。

 

来月には、秋のお彼岸がございます。

秋のお彼岸は、お盆よりも目立たない存在ではありますが、我々はしっかりと皆様の仏さまの供養をし、皆様方が「このお寺なら安心して供養を任せれる」という存在で、今後もあれるよう精進して参ります。

 

 

【納骨大法要】嚴修致しました【通常参拝試験再開】

タイトルにもありますが、コロナ発生以後、参拝はお焼香のみに制限させていただいておりました。

それを、段階的に解除していこうということで、自由退席可のイス席を20~30席設けました。

 

いつまでも規制をかけ続けてしまうのも良くないのは、わかっていたのですが、なぜか大法要前に感染者が増加してしまったりと中々タイミングが合いませんでした。

 

何事もなく、イス席にかけてくださる方がたくさんいらっしゃり、ホッとしました。

こうやって少しずつでも前進していけたらいいなと思います。

 

オミクロン株も次から次に変異しているというニュースも拝見しました。

不安ももちろんあるのですが、その中でも閉鎖的になりすぎず、希望も捨ててはいけません。

 

次は夏のお盆法要、初盆合同法要となりますが、少しでも皆様のお力になれたら思います。

 

今回の納骨大法要は瑞龍寺にてお預かりのご遺骨・仏様への総供養祭です。

代理参拝をお申込みの方々の供養も写真の通りさせていただきました。

 

ご参拝、代理参拝をしていただいた方々、ありがとうございました。

 

次回法要は

8月15日(月)12時~、14時~「お盆合同法要」

同日16時~「初盆合同法要」

となっております。

 

お檀家の方々へは、お盆のご案内を6月中には発送をさせていただきます。

納骨堂をご契約の方も含め、お盆の法要をお申込みの方は、

TEL 078-681-1842

FAX 078-681-2022

E-mail zen_zuiryuji@amail.plala.or.jp

 

までお願い致します。

 

合掌

 

【春のお彼岸】代理参拝、厳修致しました

今年の春のお彼岸は、雨の日や、寒い日が多かったように思います。

暑さ寒さも彼岸までと言いますが、それまでに温かくなってきたものでしたから、寒の戻りのがあった、このお彼岸は身体に堪えましたね。

 

皆さんも体調を崩されてませんでしょうか。

 

そんな中、彼岸参りをさせていただいたわけですが、いろんなご家庭で、お部屋を暖かくして待っていただいたり、傘をさして玄関先までお出迎えいただいたりと、お檀家の皆様にはいろいろと気を配っていただきました。

 

コロナ禍で、人と人との物理的な距離が空けられているような状況でありますが、心まではそうじゃないんだなと。

だからこそ、こちらとしてもお檀家さんには心でお返しをしたいな、寄り添ってあげたいなと。

 

そう思えるような、お彼岸でした。

雨や寒さも悪いことばかりじゃないものですね。

そういうときだからこそ、感じることもあるのだと、未熟者、再確認しました。

 

そして、彼岸のお中日には、お寺にて、春のお彼岸法要を行いました。

 

 

 

お寺での法要の参拝の方は、お焼香のみの参拝に限らせていただいております。

ご協力、誠にありがとうございました。

 

 

こちらのお花はお彼岸のお参りをさせていただいた方が、お中日当日にご自宅で育てられたお花を供養してくださいました。

早速、活けさせていただきました。

いつも本当にありがとうございます。

 

感謝ばかりのお彼岸でした。

 

合掌

お電話でのご相談、お問い合わせはこちら
お気軽にお電話してください

Tel:078-681-1842

神戸市兵庫区の臨済宗 南禅寺派 瑞龍寺 【電話受付時間】10:00〜15:00(毎週木曜・定休)